« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016.02.29

勝手に森カフェ と ユキワリイチゲ

073q
 久しぶりに勝手に森カフェにお邪魔させて頂きましたwink
 相変わらず皆さん楽しくて良い方ばかりで。ありがとうございましたshine
 ぽんさんのお顔も見れてよかった~。頂いた猫ちゃん、母も可愛いと気に入ってましたshine
 来月の最後の日曜日は、勝手に森カフェでもあり、しなさん・岩湧屋さんが職員である最後の日曜日でもあるのです。会いに行きましょうね。

038q
 ユキワリイチゲ(雪割一華)
 今季やっとべっぴんさんが笑ってくれました。
 嬉しい!
 でも瀧樹神社は一度は行った方がいいよ。

058q
 不審なguuちゃん
 
 シロネコも咲いてましたが可愛く撮ってあげれませんでした~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016.02.22

金剛山

 綺麗な霧氷からカラスにしたら病んでると思われますか。
 去年は多分1回しか登らなかった金剛山に新年早々?早速登ってきたんです。
 金剛山はヤマガラも可愛いけどカラスも可愛いですね。

14_1
 ライブカメラに映ってみました。一番後ろ。次回はトロちゃん持っていきます。
 ちゃんとguuちゃんもいるよ。

P2210556q
 何してんねんというと・・

P2210609q
 ずっと欲しかったチェーンスパイクのデビュー戦やったんです。
 年末に上司からお小遣い貰ったんでソレで買いました。
 立ったままでも靴下のように履けるし、靴で歩いてんのと変わらんし、超コンパクトやし、買ってよかったですwink

045q
 男前でしょ。

053q
 最近、鳥の油断してる姿が可愛いです。
 後姿はEXILEっぽくないですか。

042q
 オマケで、うちのヒヨちゃん

037q
 鳥の正面てなんでこんな可愛いんでしょうね。

 
 去年は金剛山にサイゴクサバノオを見に行ったんですけど、花も無いのに行くなんて自分でもとても不思議です。冬は雪遊びしに小さい子が沢山来てて可愛くて楽しい雰囲気で良いですねwink

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016.02.15

バレンタイン

003q
 日曜は休日出勤の予定でしたが、無しになり、バレンタインを楽しむことができました。
 どこからどう見たってアカショウビンでしょ!
 キツネに食われた残骸しか見たことないので生きてるの見てみたいです。という願いも込めて。なにからなにまで真っ赤よ。

012q
 「あたしのケーキにしたら?」と、ヒヨちゃん。


 こっからは花文にて
015q
 セリバオウレン(芹葉黄蓮)
 随分とでかいし赤い

087q
 コセリバオウレン(小芹葉黄蓮)
 私が自生のセリバオウレンとしてずっと見てたのと全く?同じにしか見えない。葉が小さい?

047q
 フクジュソウ(福寿草)
 藤原が有名ですけど四国にもええ山あるらしいです。

041q
 セツブンソウ(節分草)
 先月にも見に来ましたが、今が一番のピークのようです。

058q
 ヨウシュオキナグサ(洋種翁草)
 ふわっふわマニアとしてはオキナグサははずせません。洋種を初めて見てきました。普通のオキナグサも沢山あるはずなんですけど、どこにも見当たらず・・まだバックヤードにおるんかな。

105q
 マンサク(満作)
 多分、ダイアンという名前のマンサク。

101q
 赤・黄いりみだれ。
 文化園のマンサクは背丈が低めで花つきもよく、すごく観察しやすくておすすめ。

 いつもは昼からやってくるはずのO本氏にばったりお会いし、かれこれ・・3時間ほど園内にいましたかね・・
 そんなにおったのにピンクのネコヤナギを見忘れたのが悔やまれますpout

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.02.06

立春

152q
 今日は甥らと岩湧ハイク。

060q
 あれは咲いたかな、これは咲いたかなと寄り道だらけ。

028q
 ユキワリイチゲ(雪割一華)
 今季はまだ全開をお目にかかれず。

014q
 静かな四季彩館にて。
 菜の花入れて、黄色い春弁。

021q
 春と言えばこれでしょ、明石のイカナゴのくぎ煮。
 おにぎりにしたら美味すぎる。

142q
 四季彩館の餌場も賑わい始めました。

140q
 ヤマガラちゃんは実はこんなヘアスタイル。

093q
 
095q
 今日、餌場に来ていた野鳥は、ヤマガラ、ヒヨドリ、メジロ、シジュウカラの四種でした。以前には、カケス、コゲラ、アオジ、ハトなんかも来てましたよ。コゲラちゃんは牛脂に目がありません。


 明日はボランティアです。マイ鉈買おうか迷ってます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »